2012年10月16日

長命草の特徴

長命草とは沖縄の八重山諸島のセリ科の植物です。
海岸の断崖や珊瑚石灰岩の岩場などの厳しい自然条件の中で
自生している多年草です。

沖縄では一株食べると一日長生きすると言われていて
ベータカロチンやビタミンA・B2・B6・C・Eを含み
食物繊維、鉄分、カルシウム、マグネシウムも含まれています。

長命草はポリフェノールの含量が多いのも特徴です。
ポリフェノールは動脈硬化の防止、がんの発症
血中コレステロール、血圧、血糖値の上昇抑制などの
効果がよく知られています。

また、長命草は抗菌、抗ウィルス、抗アレルギーなどの効果も
認められています。

長命草の効用としては
動脈硬化、脳梗塞、心筋梗塞の予防
美肌作用
風邪、喘息の予防
高血圧の予防
神経痛、痛風、リウマチの予防
肝機能の回復
抗ガン作用
糖尿病の予防
認知症の予防
疲労回復
等があります。

⇒長命草の詳細はこちらからどうぞ







posted by 長命草 at 06:10| 長命草の効用 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。